SNSでの広告宣伝手法、戦略について考えていくサイト

SNSの言葉や概要について

まず、SNSはSocial Networking Service(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の頭文字をとった言葉で、「社会的な繋がりを提供するサービス」という意味で訳すことができます。
SNSの特徴は、「バズる」という言葉に代表されるように、情報の拡散や共有などがしやすいように(あるいはなりやすいように)設計されているという点にあります。
会員登録した利用者同士が交流できるウェブサイトの構造をしている場合が多く、インターネットの構造としては閉じているように見えますが、同地域の人、同じ趣味や目的の人と繋がりやすい設計となっているため、その「繋がりやすさ」は従来のメールや電話以上の可能性を秘めています。

SNSの簡単な歴史

SNSと呼ばれるものの要素を持ったサービスが現れたのは、1990年代末のことでした。
「SixDegrees」というサービスがアメリカで開発され、互いに認証した人どうしが使える掲示板やメッセージ機能などを有していました。
2000年代半ばには「mixi(ミクシィ)」が現れ、現在のSNSとだいぶ近くなります。
SNSの進化の歴史は「より不特定多数の人と繋がりあえる」という方向に続いています。
例えばミクシィは「特定のグループで繋がる」という縛りが強い為、主に大学生や職場などで人気を集めたサービスでしたが、後に現れるフェイスブックやツイッターは、より不特定多数との繋がりが、スムーズにできるように進化しています。

この記事をシェアする

TOPへ戻る

c