SNSでの広告宣伝手法、戦略について考えていくサイト

最初のこの1ページ目においては、そもそもSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)とはインターネット上におけるどのようなサービスを指すのか、それについて解説していきますので、既にご存知の方は復習として、ご存じで無い方は基礎固めとして、ご覧頂けると幸いです。

SNSでの広告宣伝を考えていく

2番目のこのページにおいては、いよいよこのページの本題である、ソーシャル・ネットワーキング・サービスにおける広告宣伝の手法やその実例、そして戦略的な広告宣伝などについて、考察・解説などを行っていきたいと思いますので、じっくりお読みいただけると幸いです。

SNS広告宣伝の情報サイトや注意点

最後のこの3ページ目では、SNSにおける広告宣伝に関して様々な情報を参照できる各種情報サイトや、企業側とは逆に、消費者から広告を見た場合、どういった点に注意を払えばいいのかという、視点を逆に置いた話を提供することにより、より深い理解への一助となればと思います。

SNSとはどのようなサービスのことなのか

このサイトでは、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)というインターネット上のコミュニケーション・ネットワークを使用した、様々な広告宣伝のアプローチや戦略を考察・解説・紹介していくことを目的としています。
SNSとは、ソーシャル・ネットワーキング・サービスという英語名が示しているように、インターネット上でのコミュニケーションを主体としたサービスや、それを行う為のツールのことです。
代表的なものであればツイッターやフェイスブック、LINEやインスタグラムなどですが、世界で数億人規模の人々がこれらSNSで繋がり、そして、日々の行動やつぶやきなどを記録しているのです。
これらのSNSは、ただ単に無料で開放している訳では無く、当然運営資金を得ていくために、利益を確保する手段を設けているのですが、その最も大きい利益獲得手段が「広告枠の提供」です。
SNSにはプロモーションが可能なスペースが用意されており、それを掲載するために企業が支払う広告掲載料が、SNS運営会社の主な収入源となっています。
しかし、各企業も単にSNSでの広告枠「だけ」をプロモーションの場所としているわけではありません。
様々な手段を使って、自社製品やサービスがSNS上での話題となる(バズる、と言います)ような状況を目指し続けているのです。
このサイトでは、そんなSNS上での広告宣伝に関して、考えていきたいと思います。
1ページ目ではSNSの歴史、2ページ目では具体的な宣伝手法、最後のページでは、各種情報サイトや消費者としての目線を解説していきたいと思いますので、ぜひご覧ください。

TOPへ戻る